MRM吃音改善プログラムのやり方や内容を暴露!TOP > プログラムについて > 吃音・どもりの悩みはつらい?

吃音・どもりの悩みがあると・・・

 
吃音・どもりの悩みはつらい?

吃音やどもりの症状があるとどうしても話しをする時に困ってしまいますよね。

特に相手のことをよく知らない場合や大勢の前で喋る時などは、緊張のあまり、吃音がでてしまうなんて経験はあるでしょう。

他にも・・・

仕事では、電話に出る時やお客さんの前でどってしまう・・・。
就職で面接の時は、どもりが出てボロボロになる・・・。
友達と上手にコミュニケーションがとれない・・・。
吃音が出るからとつい黙ってしまう・・・。
異性と親しくしたいけど吃音が出るので上手くいかない・・・。


もしかしてあなたもこのようなことで悩んでいるかもしれませんね。

対策としては、色んなことが言われています。

例えば・・・

ゆっくり喋る、深呼吸をするとか、話し方教室にいくのがいいとか・・・。

確かに、ゆっくり喋るとか深呼吸すれば多少は、症状が改善されるかもしれません。

しかし、吃音を出したくない、どもりが出るとみんなにバカにされると言ったトラウマや恐怖心がなくなることはありません。

なので、いくら話し方教室に通ったところで、吃音が改善されるかどうは別問題ということです。


MRM吃音改善プログラムで対策!


中村しょうさんのMRM吃音改善プログラムってご存知でしょうか?

この方法は、最新の脳科学に基づいた、全く新しい吃音改善法です。

6週間で吃音・どもりを改善させることを目的に作られたプログラムとなっています。

この症状が出る人の特徴としては・・・

言葉の出だしでどもってしまう・・・。
電話に出るのが苦手・怖い・・・。
そもそも自分の名前や会社名でどもる・・・。
「か行」「た行」が言えない・・・。
ありがとうの「あ」が言えない・・・。


このような悩みがあります。

ですので、喋ること自体、恐怖と感じてしまいます。

実は、この恐怖心を取り除くことが重要なポイントになるんですね。

そこで、役に立つのが、このMRM吃音改善プログラム!!

ステップ1・パラダイムシフト編では・・・
吃音のいろんな疑問や不安、問題点など混乱を解消させ、吃音の恐怖そのものを消し去っていきます。

これを読むだけでも、不安がなくなるので、吃音の症状も和らいでいきます。

吃音やどもりの症状があると、どうしても積極的になれません。

なので、孤立化するケースが少なくないんですね。


そんな事にならない為にも、このプログラムを試してみてください。